琉球泡盛 八重泉 沖縄石垣島の自然の恵みに育まれ、伝統の味を守り、造られた泡盛  トップサイトマップアクセス   石垣島の泡盛 八重泉オンラインショップ お問い合わせ
石垣島泡盛 八重泉酒造 八重泉オンラインショッピング 会社概要 泡盛とは 工場案内 八重泉の泡盛が飲めるお店
 八重泉トップ 泡盛とは
八重泉オンラインショッピング
全ての商品一覧
八重泉BARREL
八重泉
グリーンボトル
黒真珠
ゴールド
はぶ酒
ぱいなっぷるワイン
黒麹酢
八重山シュロ巻壷
八重泉ギフトセット
八重泉グッズ
 
八重泉フェイスブック
八重泉ブログ
メディア情報
八重泉グッズ
群か星

 沖縄石垣島の泡盛酒造所
 石垣島を一望できる自然の中に
 八重泉酒造はあります。

 〒907-0023
 沖縄県石垣市字石垣1834番地
 TEL:0980-83-8000 
 FAX:0980-82-3791

 空港から車で15〜20分
 離島桟橋から車で10〜15分

 
 
自家製古酒の造り方
 
泡盛が出来るまで   泡盛の歴史   自家製古酒の造り方   泡盛の味わい方  
 
自家製古酒の造り方
 
沖縄では、子供の誕生や結婚などのお祝いに事寄せて泡盛を買い、これを寝かせて、たとえばその子供の二十歳の祝いに封を開ける、といったことがよく行われています。いい古酒は人を集める。自家製古酒造りをしてみませんか。
 
1 まず泡盛を購入しましょう
 
アルコール度数が高いほど変化する要素が多くなるので、43度がよい。
 
 
2 甕を用意
 
ビンのまま置いても確かに泡盛は変化しますが、自宅の古酒造りなら泡盛全体が呼吸できる南蛮焼きがいいようです。
 
 
3 蓋を確認
 
蓋が合わないと、いざ開けてみたら中身はみんな蒸発、などということにもなりかねません。蓋だけは新しく交換しましょう。
 
 
4 冷暗所をチェック
 
家の中で日が当たらず、一年中比較的涼しい所(押し入れなど)に管理します。できれば、ふだん目に付かない所に置いておくほうが途中で目減りする心配もありません。
 
 
5 時々起こしてあげましょう
 
ただ寝かせておくことより、時々揺すって酒を起こすことも大事な作業になります。
 
 
6 仕次ぎ記念日
 
誕生日やお正月など、毎年日を決めて仕次ぎをします。酒には熟成のピークがありますが、若い酒を加えて撹拌することで酒が活性化し、いい古酒になります。
 
 
7 古酒は浪漫です
 
泡盛は生きています。仕次ぎをしていけば、何十年と生き続けます。次の世代に残すことも可能。ロマン溢れる酒、それが泡盛なのです。
 
 
いちばん古い酒(親酒)を少し取り出したら、次に古い酒(2番手)を入れ、そこには次に古い酒(3番手)を補い・・・と、これが仕次ぎです。家庭ではここまでは無理でも親酒を少し汲み出して、市販の古酒を入れておくだけでもよくなります。
 
 
ページトップへ
 
 
 


 
 HOME 商品情報 会社概要 泡盛とは 工場案内 飲めるお店 スタッフブログ 免責事項 ショッピングについて  お問い合わせ 

ご注意/お酒の販売について 未成年者の飲酒は法律によって禁止されています。 年齢が20歳以上であることの確認が取れない場合には 酒類の販売は行いません
Copyright (C) Yaesen. All Rights Reserved.